●なんば駅から7分  ●日本橋駅から1分 ●日・水・金 14:00 ~ 19:30 ●Tel.06-4393-8207
・透明マウスピース矯正 (インビザライン)
インビザラインとは
1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社により開発されたインビザラインは厚さ0.5mm程度の透明なマウスピースを一日20時間以上装着し、 2週間ごとに新しいマウスピースに交換して歯並びを治していく治療方法です。 開発初期バージョンには様々な弱点が存在しましたが、数多いバージョンアップで乗り越え、現在はワイヤーでは治療しにくいと 思われる症例(過蓋咬合など)までも治すことができるレベルに達しています。 2016年9月の時点で400万人を超える患者さんが治療を受けているほどポピュラーな治療方法になりました。

メリット
透明で目立たない /  痛みが少ない / 歯みがきが簡単 / 食べるときは外せる
しゃべりやすい / 金属アレルギーの心配なし / 仕上がりの目安が確認できる

 症例を見る
・ワイヤー矯正
セラミックブラケットとは
白色半透明セラミック製の審美ブラケットで 歯に装着した際、目立ちにくく審美性に優れています。 当院では、最新の矯正装置 セラミック製セルフライゲーションブラケット装置(デーモンクリアとクリッピーC)を主に使用しています。 このセルフライゲーション方式による矯正装置は、従来の装置と比べて弱い力でも効率的に歯を動かすことが出来るため 歯に加わる矯正力を非常に弱く、治療中の痛みや違和感が少なく、より快適に治療を行うことができます。

 症例を見る
・子どもの矯正(小児矯正)
小児矯正の目的
3歳ぐらいから小学校の終わりごろに永久歯が生えそろうまでの治療で『予防矯正』とも言われます。 低年齢であれば早期に悪習癖を改善したり、上顎と下顎の位置関係のずれや、顎のスペースを広げることなど骨格自体を簡単な装置で改善できます。 不正咬合の原因である骨格の問題を正しい方向に導き、永久歯が生えそろった後のおとなの治療で治療期間の短縮や永久歯の抜歯を避けられる場合があります。 不正咬合は成長と共に悪化するものなので、これから成長が見込まれ体の柔軟なうちに開始することが望ましく簡単に、かつ効果的に治療が行えます。 例えば受け口の患者さんなら3歳ぐらいから、隙間が足りない患者さんなら6・7歳ぐらいから開始することが可能です。

 メリット

・おとなの治療の期間が短くなる。
・おとなの治療で歯を抜かないで矯正できる可能性が増える。
・永久歯を一本一本動かすわけではないので、歯根吸収の心配がない。 
・骨格そのものを改善できる。 
・痛みが少ない。 
・悪習癖を治すことにより矯正後の後戻りを防ぐことができる。 
・歯磨きの時、取り外せる装置が多いので虫歯になりにくい。 
・年齢的に装置の見た目に対する抵抗感が少ない。

 症例を見る
・ホワイトニング
ホワイトニング
医院で行うオフィスホワイトニングと 自宅行っていただくホームホワイトニングがあります。 それぞれ歯型に合ったトレー(マウスピースのようなもの)を歯科医院で作成し、その中に薬剤(ホワイトニングジェル)を入れて歯に装着し、歯を白くします。 効果には個人差がありますが、早くて3~4日、大体1~2週間でホワイトニング効果が認められます。 通常、3~4週間でトレーの使用は終了します。 ただし、抗生物質の副作用など先天的な内因性の変色に対しては、大きな効果が期待できないこともあります。 ホワイトニングの効果には個人差がありますので、一度ご相談下さい。
・セラミック
セラミック
歯の欠損部分を金属を使用しないで、セラミックだけで作られた人工のかぶせもののことです。 自然な歯の色と輝きがあり、光を透過するので、最も天然の歯に近い人工歯といわれています セラミックの種類は様々ありますが当院ではジルコニア(成分:酸化ジルコニウム)、e-max(成分:二ケイ酸リチウム) を主に使用しております。

● 医院案内

診療時間
14:00~19:30

〒542-0074 大阪府大阪市中央区千日前2-5-2 日本一歯科センタービル 3階
◎なんば駅から徒歩7分 ◎日本橋駅から徒歩1分  (日本橋駅 5, 27番出口)

● MAP    Google Mapで見る

Copyright© 渡辺矯正歯科 All Rights Reserved.

トップへ戻る